So-net無料ブログ作成
検索選択

訪ねて楽しい東村山の酒蔵 [関東]

「東村山編」

《蔵元紹介》

銘柄:金婚・十右衛門・屋守





蔵元名:豊島屋酒造株式会社





所在地:東京都東村山市久米川町3丁目14-10





「金婚」名前の由来:"金婚"の命名は、大正天皇ご成婚にあやかってつけられたそうです。

そして明治神宮の御神酒にも採用されているということです。

創業は慶長元年です。











































[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【武蔵野プレミアム認定】千寿武蔵野 純米吟醸 720ml
価格:1728円(税込、送料別) (2017/4/18時点)








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【武蔵野プレミアム認定】千寿武蔵野 純米 720ml
価格:1123円(税込、送料別) (2017/4/18時点)











地元紹介(東村山の見所 )

東村山市(ひがしむらやまし)は、東京都の多摩地域北部にある市である。

高田馬場駅まで西武新宿線で最短27分という地の利から、ベッドタウンとして開発が進められた。

1889年4月1日の町村制施行の際に、北多摩郡野口村・廻田村・大岱村・久米川村・南秋津村が合併して東村山村(ひがしむらやまむら)となった。

村名は、この一帯を村山郷といい、村域がその東部にあったことによるものである。

1894年以来2社8線9駅の鉄道が市内に通じ、古道以来の交通の要衝だったところに近代には周辺村からの人の流れと物資の集積地としての機能が発生し、鉄道開通による宅地化が進むなかで、現在の栄町一帯は西武新宿線開通後、東京都内の沿線では田無に次ぐ商業地域となっていく。

1942年4月1日に東村山町(ひがしむらやままち)となった。この段階では、東京府内の隣接自治体で最も早い町制だった。

1964年4月1日に東村山市となった。

市制と同時に現在の各町が設置され、前後して富士見町に私立中学高校が複数開校し、1967年には新青梅街道、1973年には武蔵野線が開通し、ベッドタウンとして開発が進められ、都営住宅や団地、官公庁住宅の整備が行われ、現在の市の姿となる。
出典:Wikipedia






『立ち寄ってみたい所』

北山公園菖蒲苑

北山公園菖蒲苑2.jpeg
フリー画像からお借りしました




北山公園菖蒲苑.jpeg
フリー画像からお借りしました





正福寺の地蔵堂

正福寺の地蔵堂.jpeg
フリー画像からお借りしました





産業・観光案内コーナー

産業・観光案内コーナー1.jpeg
フリー画像からお借りしました




産業・観光案内コーナー2.jpeg
フリー画像からお借りしました




東村山黒焼そば

東村山黒焼そば1.jpeg
フリー画像からお借りしました




東村山黒焼そば2.jpeg
フリー画像からお借りしました




東村山黒焼そば3.jpeg
フリー画像からお借りしました




東村山黒焼そば4.jpeg
フリー画像からお借りしました




東村山黒焼そば5.jpeg
フリー画像からお借りしました






武蔵野うどん

武蔵野うどん1.jpeg
フリー画像からお借りしました




武蔵野うどん2.jpeg
フリー画像からお借りしました




武蔵野うどん3.jpeg
フリー画像からお借りしました







東京都ホームページ
http://www.metro.tokyo.jp/




東村山市ホームページ
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/index.html


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。