So-net無料ブログ作成
検索選択

訪ねて楽しい八戸の酒蔵 [東北]

「八戸編」

《蔵元紹介》

銘柄:陸奥八仙・ 陸奥男山 ・陸奥田心





蔵元名:八戸酒造株式会社





所在地:青森県八戸市大字湊町字本町9番地





「陸奥八仙」名前の由来:"陸奥八仙"の命名は、蔵は1775年(安永4年)から酒造を開始。

当初銘柄は陸奥男山のみだったが、酒質・味・地場にこだわった新銘柄・ブランドとして陸奥八仙の醸造を開始する。

2010年に蔵の醸造施設(木造蔵3棟、主屋1棟、れんが蔵1棟、れんが塀)青森県初の景観重要建造物に指定。
出典:Wikipedia

明治43年に、「陸奥男山」を商標登録しており、「男山」の商標を全国で最初に得ているそうです。

また、「陸奥八仙」の由来は、中国で昔から語り継がれている話しがあり「八仙」とは道教の仙人のなかでも代表的な存在で、日本における七福神のようなものだそうです。

八人の仙人を表しているようです。




























































地元紹介(八戸の見所 )

八戸市(はちのへし)は、青森県東南部に位置し、太平洋に面する特例市で、青森市・弘前市と共に青森県旧三市の一角を構成する都市である。

伝統芸能であるえんぶり(朳)および八戸三社大祭、騎馬打毬は共に国の重要無形民俗文化財に指定されている。

B-1グランプリ発祥の地であり、第1回の殿堂入り・開催地(投票対象外)後の第2回~第4回は2位、第5回~第6回は3位そして第7回では優勝し、第1回の殿堂入り以外で全て3位以内を獲っているのは八戸のみである。
出典:Wikipedia


『立ち寄ってみたい所』

八戸三社大祭:八戸市最大のお祭りで。約290年も続いているそうです。

八戸三社大祭1jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました


八戸三社大祭2.jpeg
フリー画像からお借りしました


八戸三社大祭3.jpeg
フリー画像からお借りしました




八食センター:八戸港で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類だけではなく、農産品やお土産品などもそろっているそうです。

八食センター1.jpeg
フリー画像からお借りしました


八食センター2.jpeg
フリー画像からお借りしました


八食センター3jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました


八食センター6.jpeg
フリー画像からお借りしました


八食センター5jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました




朝市:市内では9箇所で朝市が開催されているそうです。

多くの観光客も訪れているということです。

朝市1jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました


朝市2jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました


朝市3jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました


朝市4.jpeg
フリー画像からお借りしました



朝市5.jpeg
フリー画像からお借りしました






青森県ホームページ
http://www.pref.aomori.lg.jp/




八戸市ホームページ
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/1,html




nice!(0) 

nice! 0