So-net無料ブログ作成
検索選択

訪ねて楽しい佐川の酒蔵 [四国]

「佐川編」

《蔵元紹介》

銘柄:司牡丹





蔵元名:司牡丹酒造株式会社





所在地:高知県高岡郡佐川町甲1299番地





「司牡丹」名前の由来:"司牡丹"の命名は、今から約四百年の昔、山内一豊が土佐に封ぜられ、首席家老深尾和泉守重良が佐川領を賜りました時、深尾氏に従って佐川へ来た御酒屋がありました。

以来伝統正しい醸造が続けられております。

佐川町出身、元宮内大臣田中光顕伯は、佐川の酒を愛飲し、「天下の芳醇なり、今後は酒の王たるべし」と激励の一筆を寄せ、「司牡丹」と命名され、司牡丹酒造となったそうです。

天下の芳醸なり。今後は酒の王たるべし。

牡丹は百花の王。さらに牡丹の中の司たるべし。

司牡丹酒造株式会社 ホームページ(他)より

































[高知県] 司牡丹 本醸古酒 1800ml

[高知県] 司牡丹 本醸古酒 1800ml
価格:2,106円(税込、送料別)




司牡丹 土佐の超辛口(1.8L)

司牡丹 土佐の超辛口(1.8L)
価格:2,012円(税込、送料別)














地元紹介(佐川の見所 )

佐川町(さかわちょう)は、高知県中西部にある町です。

不動ガ岩屋洞窟遺跡があることから、石器時代には人が居住していたと思われる。

江戸時代には、土佐藩筆頭家老の深尾氏の城下町として栄える。
出典:Wikipedia





不動ガ岩屋洞窟遺跡(国指定重要文化財):この洞窟からは土器と石器が出土しており、わが国最古の土器群の一つです。
佐川町ホームページより

不動ガ岩屋洞窟遺跡2peg.jpeg
フリー画像からお借りしました


jpeg不動ガ岩屋洞窟遺跡.jpeg
フリー画像からお借りしました


竹村家住宅(国指定重要文化財):竹村家は寛文年間(1661-1672)に高岡村(現土佐市)より佐川に来住し、 享保年間(1717-1735)より酒甫手(酒造権)を借り受け酒造業を開始し、安保元年(1741)に酒甫手を得て名実ともに酒造家として独立しています。
佐川町ホームページより

竹村家住宅1peg.jpeg
フリー画像からお借りしました


竹村家住宅3.jpeg
フリー画像からお借りしました


竹村家住宅2.jpeg
フリー画像からお借りしました


浜口邸:酒造り商家の一つ浜口家の屋敷。
平成25年10月より 一般社団法人さかわ観光協会の事務所として活用されている。お土産販売、休憩所としてカフェもOPEN!
佐川町ホームページより

浜口邸1.jpeg
フリー画像からお借りしました


酒ギャラリーほてい:々は、酒造り商家の蔵。竹村仁作が浜口家「野菊」から譲り受け、料亭としていた。

その以前竹村仁作は、京都で骨董貿易商「布袋商会」を経営、「布袋さん」と呼ばれていたため、料亭の名はいつしか、「ほてい」となった。

現在は司牡丹のお土産屋としてお酒などを販売。
佐川町ホームページより

浜口邸2.jpeg
フリー画像からお借りしました


酒造り[司牡丹]・司牡丹酒蔵群:今回紹介しました高知を代表する銘酒[司牡丹]、司牡丹酒造株式会社 です。
司牡丹酒造株式会社ホームページ
http://www.tsukasabotan.co.jp/





高知県ホームページ
http://www.pref.kochi.lg.jp/






佐川町ホームページ
http://www.town.sakawa.kochi.jp/




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。