So-net無料ブログ作成
検索選択

訪ねて楽しい近畿の酒蔵 [近畿]

京都編」

《蔵元紹介》

銘柄:玉乃光





蔵元名:玉乃光酒造株式会社





所在地:京都府京都市伏見区東堺町545-2 





「玉乃光」名前の由来:"玉乃光"の命名は、初代、中屋六左衛門が、和歌山市寄合町にて、紀州国紀州藩の第二代藩主、徳川光貞(家康の孫)の免許で創業。

玉乃光の酒銘は、代々の六左衛門が紀州熊野の速玉(はやたま)神社に帰依しており、主神たる「イザナギノミコト、イザナミノミコトの御魂が映える」との意味を込めて命名されたと伝えられている。

玉乃光酒造株式会社 ホームページより




【純米吟醸酒】 酒魂 玉乃光 純米吟醸 1800ml

【純米吟醸酒】 酒魂 玉乃光 純米吟醸 1800ml
価格:1,976円(税込、送料別)






















玉乃光 山廃純米吟醸 720ml

玉乃光 山廃純米吟醸 720ml
価格:1,218円(税込、送料別)




玉乃光 純米吟醸 凛然山田錦100%

玉乃光 純米吟醸 凛然山田錦100%
価格:3,996円(税込、送料別)




玉乃光 純米吟醸「酒魂」 1800ml

玉乃光 純米吟醸「酒魂」 1800ml
価格:2,343円(税込、送料別)




玉乃光 純米蒸溜酒 すぴりっつ 5年貯蔵 720ml

玉乃光 純米蒸溜酒 すぴりっつ 5年貯蔵 720ml
価格:3,240円(税込、送料別)







玉乃光 京の梅酒 12°1800ml【RCP】

玉乃光 京の梅酒 12°1800ml【RCP】
価格:2,622円(税込、送料別)





地元紹介(京都の見所 )

平安時代から江戸時代前期までは日本最大の都市であり、その市街地は「京中」、鎌倉時代以降は「洛中」と呼ばれ、都市としては「京」「京の都」「京都」と呼ばれていました。

江戸時代には三都、明治期には三市、大正期以降は六大都市(五大都市)の各々の一角を占め、戦後には政令指定都市になっています。

とにかく、歴史いっぱい、見るところいっぱいの町ですね。



『立ち寄ってみたい所』

賀茂別雷神社(上賀茂神社):古代山城の豪族賀茂氏の氏神として知られる神社です。

社殿は本殿など2棟が国宝、34棟が重要文化財、境内は史跡に指定されています。

賀茂別雷神社.jpeg
フリー画像からお借りしました





賀茂御祖神社(下鴨神社):楼門、舞殿、神服殿、四脚中門等31棟は、重要文化財に、また、文久3年(1863年)に造り替えられた本殿2棟は国宝に指定されています。

賀茂御祖神社.jpeg
フリー画像からお借りしました




清水寺:奈良末期778年に僧延鎮が開山し、平安建都間もない延暦17年(798年)坂上田村麻呂が仏殿を建立したと伝えられています。

清水寺1.jpeg
フリー画像からお借りしました


清水寺2jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました





二条城:徳川家康が慶長8年(1603年)に京の宿館として建設したということです。

二条城.jpeg
出典:Wikipedia


まだまだ、見学したいところが沢山あります。

1日では無理ですよね。





京都府ホームページ
http://www.pref.kyoto.jp/




京都市ホームページ
http://www.city.kyoto.l
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。