So-net無料ブログ作成

訪ねて楽しい大田原の酒蔵 [関東]

「大田原編」

《蔵元紹介》

銘柄:天鷹





蔵元名:天鷹酒造株式会社





所在地:栃木県大田原市蛭畑2166





「天鷹」名前の由来:"天鷹"の命名は、初代の蔵元が旅先の宿で、飛翔する鷹を夢に見たのがきっかけで「天鷹」の名が使われるようになりましたということです。

蔵元の尾崎家、元々は東京神田の酒問屋だったそうですよ。




























地元紹介(大田原の見所 )

大田原市は、平成17年10月に湯津上村、黒羽町と合併しました。

鮎の漁獲量日本一の清流那珂川・箒川に挟まれた中・西部の那須野ヶ原の平野部と東部の八溝山系の山間部に大別されます。

また、黒羽地区は源平屋島の合戦の英雄で弓の名手「那須与一」ゆかりの地だということです。

俳聖「松尾芭蕉」が「おくの細道紀行」で最長逗留(13泊14日)した地でもあり、雲巌寺や大雄寺などの古刹が残る数多い歴史文化遺産のある地域だそうです。
大田原市ホームページより


『立ち寄ってみたい所』

那須神社:仁徳天皇(313~399年)時代の創立で、さらに延暦年中(782~806年)に征夷大将軍坂上田村麻呂が応神天皇を祀って八幡宮にしたと伝えられています。
太田市観光協会ホームページより

那須神社1jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました


那須神社2.jpeg
フリー画像からお借りしました



大田原神社:主祭神は大己貫神と小彦名神。当初は温泉神社と呼ばれ、歴代藩主の保護を受けてきたそうです。
太田市観光協会ホームページより

大田原神社1.jpeg
フリー画像からお借りしました


大田原神社2jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました



龍城公園(大田原城跡):大田原城は、天文14年(1545年)大田原資清(すけきよ)によって築城され、町島水口より移り住み、以来明治4年(1871年)の廃藩置県に至る326年間、大田原氏の居城だったそうです。
太田市観光協会ホームページより

龍城公園1jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました


龍城公園2jpeg.jpeg
フリー画像からお借りしました





栃木県ホームページ
http://www.pref.tochigi.lg.jp/



大田原市ホームページ
http://www.city.sapporo.jp/



大田原市観光協会
http://www.ohtawara.info/
nice!(0) 

nice! 0